仕事を効率よくこなせるようになるには

>

1日の作業スケジュールとは

この記事をシェアする

効率の悪い人の特徴

仕事をする上でこだわりが強い人や、完璧主義というのは、良い事ではあります。
仕事に取り組む姿勢や、やる気は十分ですが、一つの仕事に集中してしまう、仕事が遅れてしまう事にも繋がってしまいます。
また、丁寧に作業しているのに、仕事が遅いと悪い評価がついてしまう事もあります。
丁寧に仕事をしていても、無駄な行動が多ければ、仕事が遅くなってしまい、効率が悪いと悪い評価がついてしまいます。
例えば、レジのお仕事の場合、商品を丁寧に扱ってくれるのは良い事ですが、両手で一つ一つカゴに入れたり、入れ方にこだわりがある人を見た事ありませんか?
作業が遅いと思った人もいるかと思います。
仕事の慣れもあるかと思いますが、こだわりや完璧主義の人は、どんな行動をすれば早く作業できるのか、楽に作業できるかなども考えて仕事をしてみるのも良いかもしれません。

効率の良い人の特徴

仕事の効率が良い人の特徴には、仕事を同時に並行して行える、仕事の全体像を頭で行い、なおかつ優先順位をつけて効率よく仕事をこなす。
また、目的や目標や、時間を区切って行っています。
仕事に慣れなきゃできない事、そんな完璧な人はいないんじゃないかって思う人もいるかと思います。
でも、効率が良い人でも、始めや仕事に慣れるまでは失敗をしていたと思います。
しかし、失敗をしていても、同じ失敗を繰り返さない努力をしたり、どうしたら失敗しないようにするかを考えたり、先輩や周りに聞いたりして学んでいるからだと思います。
仕事をしていても、ダラダラ時間をかけて仕事を行うのではなく、効率が良い仕事の行動ができるように、常に頭をフルにいるからかもしれません。