仕事を効率よくこなせるようになるには

>

なんでも後回しにしてしまう人

この記事をシェアする

作業について

仕事の効率が悪いのには、会社側の判断も大事です。
まずは、作業ロスについては、作業に不慣れにもかかわらず、遅い人を作業につけてしまう事です。
仕事の内容にも、合う人・合わない人はいるかと思います。しかし、不慣れな人に作業をさせてしまう事で、生産性も下がり、必要以上に時間を費やしてしまう事でしょう。
また、作業の遅い人をカバーするために、他の人の作業を中断させてしまうのは、効率が悪くなってしまいます。
作業が中断されてしまうと、リードタイムのロスに繋がります。そのため、納期の期限内に生産できない、納期できないなどの悪循環になってしまいます。
一つ一つのロスが、全体のロスにも繋がり、会社の信頼性を下げてしまう評価に繋がります。

従業員について

仕事の効率が悪い会社側のロスは、従業員同士の意思疎通や、コミュニケーションがうまく取れていない事も原因にあります。
まず、従業員同士に意思疎通やコミュニケーションがうまく取れていないと、様々な作業ロスが出てしまいます。
では、どんなロスが出てしまうのか。
まずは、従業員同士の意思疎通や、コミュニケーションが取れないと、同じ作業なのに人によってやり方が変わってしまいます。
また、自分の作業が終えているのに、他の人の作業を手伝う事ができません。そのため、作業を行うのに時間のロスが出てしまうでしょう。
情報交換も従業員同士では、欠かせない事だと思います。
コミュニケーションが取れないと、ミスがあった時などでも報告が遅れて、生産されてしまいクレームに繋がります。
会社の信頼度を下げてしまい、会社の評価も下げてしまう結果になりかねません。