作品造りに役立つアートイベントを紹介!

アートは絵だけではない

建物を使ったアートイベント

「建物を使ったアートイベント」と聞くと当然だと感じるかもしれません。しかしこれは建物自体がアートになっていて、中に作品はありません。
建物や建築物、遊具をアートと見立てるクリエイターは多く、テーマも様々です。有名な作品になると実際に建てられて、使用される事もあるので絵以外から刺激を受けたい方には良いですね。建物以外にも食品や植物といった様々な作品を展示していますので、アートイベントの規模にも差があります。
作品を見に来ているお客さんも、様々な層がいるので作品だけではなくそのお客さんから刺激をもらう、または繋がりを深める事も出来ます。
アトラクションを設置しているケースもあるので、一般の方も楽しめます。

ちょっと怖いアートイベント?

現代アートに近いのですがクリエイターの中には人形やドールを使って、自分の個性を表現する事もあります。
例えば精巧なドールの中に、小さなドールを配置しその中には更に小さなドールの配置をする。あるいは積極的にグロテスクな表現してインパクトを与えるアーティストもいます。
またシュルレアリスムといってシュールな雰囲気、そして幻想的であり狂気的であるという何とも不思議な世界観を表現している作品も人気を呼んでいます。
現代アートと同じくメッセージ性が強く、作品によってはエロティックなものもあります。自分とは全く違う感性の作品を見る事で、違う部分からのアプローチが出来ます。
また近年では超現実主義的といって現代社会の風刺画の様な作品も支持を受けています。


▲ TOPへ戻る